診療のご案内SERVICE

インターネット・ゲーム依存

ゲーム障害

昨今のインターネットを利用した電子機器の普及で、パソコン、スマホ、ゲームの使い過ぎによる健康被害が注目されています。
2019年には世界保健機構(WHO)によりゲーム障害という病名が正式に認められました。
ゲーム障害はインターネットを介したゲームに没頭し、学校、仕事、大切な人間関係がおろそかになります。
はじめに寝坊や遅刻など生活リズムの乱れがみられるようになり、徐々に欠席や欠勤、引きこもりとなります。
気持ちの落ち込み、イライラ、食欲低下、頭痛など心と体に様々な影響が現れます。

症状

  • コントロール困難
    決められた時間のルールなどが守れなくなります
  • 優先順位の逆転
    学校、仕事、大切な人間関係よりもゲームが最優先となります
  • フィードバックの消失
    様々な問題が起こっても軌道修正が効かなくなります
  • 耐性
    ゲームに費やす時間が段々と長くなります
  • 離脱症状
    ゲームができない状況になると、イライラや不安が現れ、時に暴言、暴力、物を壊すこともあります
  • 逃避的使用
    否定的な気分から逃れるためにさらにゲームに没頭します
  • 嘘をつく
    隠れてゲームをしたり、家族に内緒でゲームに課金したりするようになります
  • 身体症状
    睡眠リズムの乱れ、食欲低下、集中力の低下、頭痛、腰痛

治療

15歳以上で当院に継続的に通院可能な患者様を対象にしております。

初診は完全予約制となっておりますので、受診にはご予約が必要となります。

外来治療では難しい場合には、入院して治療を行うこともあります。

1まずは医師の診察で、心と体の状態を確認します。
2次に心理検査や身体検査を受けて頂きます。
3うつ状態、注意欠如多動性障害、不眠症などの合併症がある場合は、その治療を行います。
4個々の目標を立て、現在の生活から抜け出す手立てを共に考えていきます。

治療プログラム

デイケアにてゲーム依存専門プログラムを利用することができます。

相談会

また、「どんな病気なのか?」「誰かにまずは話を聞いてほしい」「本人にはまだその気がない・連れていけない」など、ご家族が困っている場合には下記相談会を実施しています。

お問い合わせダイヤル

まずはお電話でご相談ください。ご家族からのご相談もお受けしています。

042-663-2222(代表)

受付時間/8:30~16:30(土・日・祝日を除く)